胸毛 脱毛

男性の胸毛脱毛のメリット

胸毛脱毛

かつて胸毛は、男性らしさのシンボルでした。しかし最近では男性もムダ毛として、胸毛を脱毛処理する方が増えています

 

一方、海外では胸毛を生やすのが珍しくありません。もちろん実際には伸ばしっぱなしというわけではなく、適度な処理を行っています。処理をしてない胸毛は相手に不快感を与え、好感度が下がってしまうからです。胸毛の処理を行うことで爽やかなイメージを手に入れられるでしょう。

 

それでは男性が胸毛脱毛を行うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。最大のメリットは、何といっても「見た目」です。胸にムダ毛が無くスッキリした状態の爽やかな男性が好まれています。もちろん胸毛にセクシーさを感じる女性もいるかもしれませんが、一般的にはごくわずかです。

 

また胸毛を脱毛することで、蒸れを抑え臭いの元になる汗を抑制することができます。そのため、臭わない清潔な状態を維持することがメリットとなるでしょう。

 

胸毛を脱毛する前にチェックするべきポイントがあります。それは胸毛を完全に脱毛するかどうかです。人にもよりますが、胸毛を残しておいた方が似合っている方もいます。

 

さらに脱毛を開始すると、継続的に処理を行わなければなりません。胸毛を整えるだけで良いのなら手間はそれほどかかりません。

 

胸毛を完全に脱毛するのではなく、薄く整えたいだけであればトリミングが効果的です。上手に胸毛を整えることができれば、印象も大きく変わります。

 

また、胸毛を茶色や金色の薄い色へと変える方法も人気です。色を変えるだけで胸毛が目立たなくなります。

 

思い切って胸毛を完全に処理する方法であれば、カミソリで剃ることが一番簡単です。しかし、剃るという方法にはいくつかのデメリットがあります。剃っても胸毛はまたすぐに生えてくるので、頻繁な処理が欠かせません。また剃ってしばらくすると、肌触りがチクチクしてしまいます。

 

痛みに強いと自信のある方には、ワックス脱毛もおすすめです。1回ワックス脱毛を行うことで、約3週間はスベスベのお肌を維持できます。

 

しかし、時間が経てばまた生えてきます。本格的に胸毛を脱毛したい方には、レーザーや光による脱毛が良いでしょう。ムダ毛を根本から除去することが可能です。

 

どのような方法で胸毛脱毛を行うにしても、メリットとデメリットもあります。自分に合うやり方で胸毛対策をしっかり行いましょう。

胸毛脱毛、気になる効果や回数や痛み

胸毛の脱毛を考えている男性は、意外に少なくありません。脱毛サロンのコースでも、胸毛の脱毛はヒゲ脱毛と並んで上位にランキングされています。

 

男性の胸毛は、女性から見ると魅力的とは限らないようです。アンケートでは、キレイに剃って欲しい女性が28%という結果が出ています。胸毛を生やしても良いけれど、手入れはしっかりして欲しいという女性は48%にも上るのです。

 

やはり男性の胸毛を苦手とする女性は少なくありません。では、胸毛の脱毛にはどのような方法があるのでしょうか。今回は胸毛の脱毛法の効果や痛みなどについて調べてみました。

 

  • まず剃刀やシェーバーを使う方法があります。しかし剃ってもまたすぐ伸びてきます。

    さらに伸びてきた毛が、ザラザラだったり、チクチクと痛く感じられることがあるでしょう。剃刀負けしなければ痛みはほとんどありません。費用はシェーバーなどの購入費だけで大丈夫です。

     

  • 次に家庭用脱毛器があります。最近の人気は、脱毛サロンと同じ様な方法で行える光脱毛の脱毛器です。フラッシュ脱毛やIPL脱毛とも呼ばれます。

    これは痛みはほとんどありません。脱毛サロンに行くことなく自宅で脱毛処理が可能です。さらに費用の面でも脱毛サロンと比較して低コストでケアすることができます

     

  • サーミコン式という熱のエネルギーを用いる脱毛器も人気です。
    ムダ毛を剃った後、毛先を熱処理してザラザラ感を抑えます。取り扱いが楽で夜でも簡単に処理できるのが特徴です。時間に追われている男性には、おすすめの方法になります。コスト面でも手頃です。
    しかし毛根にまで作用することはないので、しばらくすると毛が生えてきます。そのため処理に要する回数は増えてしまうでしょう。痛みも少なくほんのり温かく感じるくたいです。

     

  • 自分でケアするのが難しい方は、脱毛サロンを選ぶべきでしょう。サロンによって異なりますが6回から15回くらい施術を施せば肌がスベスベになります。費用は高めで20万円くらいかかる場合もあるようです。痛みを感じることはほとんどないでしょう。

     

 

利用には予約が必要なため、忙しいビジネスマンには注意が必要です。以上のことから、初めは家庭用脱毛器で処理を行うのが現実的です。